いろいろなグラフの種類について勉強していた

グラフについて勉強しました。円グラフは、あるデータがデータ全体のなかで、どのくらいの割合を占めるのかを調べるときに利用されます。各データの割合は扇型の角度であらわします。レーダーチャートとは、一つの要素がもっているそれぞれの内容を多角的に表現するもので、全体のバランスを調べたいときに利用されます。このほか、データ全体の構成要素の比率や、比率の変化をあらわすために利用される帯グラフ、2つの要素の相関関係を調べるXYグラフ、時間的変化によるデータの量や割合を調べる面グラフ、グラフの各要素を絵で表現した絵グラフ、相互に関係があると思われる2種類のデータを縦軸と横軸の交わる点であらわした点グラフ、棒グラフや折れ線グラフなど複数のグラフを同一グラフにあらわした複合グラフなどがあります。グラフは表示するグラフ本体のほかに、数値軸、項目軸、タイトル、凡例、数値軸ラベル、データラベルなどの各要素で構成されています。いろんなグラフを知れて良かったです。ミュゼ 予約