勉強をしてからドラマのダイジェストを見た

ROMなどについて勉強しました。RAMには、構造の違いによりDRAMとSRAMという種類があります。DRAMは構造が簡単なため、安価に大容量実現できます。一方、SRAMは高速でありますが、構造が複雑で高価です。このため、一般にDRAMは大きな記憶容量が必要な主記憶装置に、SRAMは高速性が要求されるキャッシュメモリに利用されています。キャッシュメモリとは、CPUと主記憶装置の間など処理速度に差のある装置の間に置く高速なメモリです。キャッシュメモリに使用頻度の高いデータを蓄えることにより、高速なCPUが低速な主記憶装置からデータを出す回数を減らし、処理速度を高めます。そして勉強したあとは、パンを買いにコンビニに行きました。3つくらい買いました。そして、帰ってきてから1つ食べました。14時くらいから、毎週見ているドラマのダイジェストを見ていました。3時間くらいダイジェストを放送していました。好きなランキングなどもやっていたので、嬉しかったです。全身脱毛 人気ランキング